読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【その他】ピボットテーブルで効率化

表計算ソフトの1つであるエクセルの

ピボットテーブルって機能について書きます。

 

私はピボットテーブルに関しては仕事の効率化が可能と判断したので、

貴重な時間を投資してます。

 

SUMIFS関数よりも圧倒的に効率的と思っていますが、

ピボットテーブルって便利な割に使ってる人も少ないし、

関数に比べてネットにも解説が少ないような気がします。

 

 

私がよく使う機能はこんな感じかな。

 

元になるフォーマット↓

f:id:myit:20170102215718p:plain

水色と白色が交互に来ているところはテーブルです。

単価は黄色の所からINDEX関数とMATCH関数で引っ張っています。

 

 

【1】タイムライン
   特定の期間を抽出できます。

   ここでは2016年7月~2017年1月を抽出してます。

【2】スライサー

   特定のデータを抽出できます。

   ここでは京都支店と名古屋支店を抽出してます。

f:id:myit:20170102215741p:plain

 

  【3】並べ替え

   大きい順、小さい順に並べ替えられます。

   ここでは品名別に合計が多い順に並べています。

f:id:myit:20170102215811p:plain

 

【4】日付のグループ化

   月単位や四半期単位にまとめられます。

   ここでは月別、品目別にまとめています。

f:id:myit:20170102215836p:plain

 

【5】累計

   累計を関数を使わずに一気に計算できます。

f:id:myit:20170102215903p:plain

 

仕事じゃないけど、自分で作っている家計簿の

月別、勘定科目別に集計するときに簡単にできるようになりました。