読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【投資】時価総額と知名度

投資

日本の上場企業を私の感覚で4つに分類してみました。

 

分類の視点は時価総額と知名度です。

時価総額は3月18日現在で、単位は円です。

 

 

【1】時価総額⇒大(5兆以上)、知名度⇒高

 

トヨタ自動車(21兆)

--------20兆の壁----------

NTTドコモ(10兆)、三菱UFJ(10兆)、NTT(10兆)

--------10兆の壁----------

ソフトバンク(9兆)、KDDI(7兆)、JT(6兆)

日本郵政(6兆)、ゆうちょ銀行(6兆)、ホンダ(6兆)

三井住友(6兆)、みずほ(5兆)

---------5兆の壁----------

 

自動車が3社、携帯電話が3社、銀行が4社。。。

 

携帯電話会社はどこも時価総額が高いみたいですね。

私たちの財布から上手い事、お金を抜き取っていますからね。

 

 

【2】時価総額⇒大(1兆以上)、知名度⇒低

 

キーエンス(5兆)、ファナック(4兆)、デンソー(4兆)

信越化学工業(4兆)、日本電産(3兆)、シスメックス(1兆)

マキタ(1兆)、シマノ(1兆)

 

BtoB企業は消費者の知名度が低くても、あまり影響は無さそうですね。

 


【3】時価総額⇒小(500億以下)、知名度⇒高

 

幸楽苑(300億)、キャンドゥ(300億)

本当は100億以下で探したかったけど、

全国展開してそうなところがないので諦めました。

幸楽苑も四国と九州にはお店がないし。。。

 

【4】時価総額⇒小、知名度⇒低

 

数多くの上場企業。。。

 

 


ちなみに鴻海精密工業に買収されたシャープの時価総額は2兆円です。

一株当たりのお値段は去年の8月に87円を付けて、3月18日では431円でした。

半年で約5倍になっています。

 

つまりはNISA枠で100万円投資したら、500万円近くになっているってことです。

この先上がるか下がるかはわかりませんが。。。

 

元手と人と違うことができる勇気があれば、

あっという間に資産を増やすことができますね。